高齢者の音楽を考える会(KOKOの会)

「つながる」プログラム

人や地域と「つながる」
音楽療法

「つながる」プログラム

いつまでも社会とのつながりを持ち、生活を豊かなものとすることができるように、KOKOの会では、地域で生活されている方々に向け、音楽を軸として交流のできる「場所」を作る活動を行っています。
現在は武蔵野市を中心に「歌の会」などを定期的に開催しています。
その他、地域の方々との交流のため「シニアミュージカル」など、さまざまな取り組みも行なっています。

プログラム例

    • 「歌の会」ブラン・ポゼ(武蔵野市)
    • 「歌の会」ニクータ(NICUTA)(武蔵野市)
    • 「歌の会」吉祥寺ポケット(武蔵野市)
    • 「歌の会」佐野書院(一橋大学OBの会)
    • 「歌の会」三鷹三田会(慶応義塾大学OBの会)
    • シニアによるシニアの為のミュージカル「浦島太郎」

開催情報を見る

活動の様子

過去に開催された歌の会やイベントの様子を一部紹介いたします。

  • ミュージカル上演中
    「昔々、浦島は~」の歌に乗せて、舞台は進みます。
  • ミュージカル上演中
    竜宮城では地域の皆さんがダンスや演奏で盛り上げてくださいました。
  • ミュージカル舞台裏
    衣装づくりも、メイクもスタイリングも、シニアでがんばります。
  • 歌の会で合唱
    歌の好きな同士が集まり合唱を楽しんでいます。
  • ソロの歌声を披露
    日頃の練習の成果を、仲間たちに披露します。
  • 演奏を楽しむ
    バイオリンやギターなど、演奏者を招いてミニコンサートを楽しむこともあります。