高齢者の音楽を考える会(KOKOの会)

庵原 えい子

プロフィール

庵原 えい子(高齢者音楽エグゼクティブアドバイザー)

庵原 えい子

NPO 高齢者の音楽を考える会 理事長
高齢者音楽エグゼクティブアドバイザー(音楽療法士)

1985年頃、日本は世界に類を見ないスピードで高齢化社会に入ることを知り、音楽で高齢者福祉に貢献できるのではないか、と考え高齢者施設で音楽療法に基づく指導を始めました。

  • 出身:北海道池田町
  • 経歴:国立音楽大学教育音楽学科 卒業
  • 専門:声楽・ピアノ
  • 趣味:茶道、スポーツ、読書

略歴

  • 北海道池田町出身
  • 1990年度より音楽療法を高齢者施設にて実施
  • 2003年NPO「高齢者の音楽を考える会」設立。理事長に就任。
  • 2012年「歌って元気、心とからだ」出版
  • 2013年「歌って元気あの歌この歌」出版
  • 2014年「武蔵野市ゆかりの音楽家」発表
  • 2005年より武蔵野市教育委員会主催生涯学習講師
  • 50か所以上の施設で音楽療法を実施するほか、講演・執筆等多数。

著書

  • 「歌って元気、心とからだ」 ドレミ楽譜出版社
  • 「歌集 歌って元気あの歌この歌」 KOKOの会
  • 「武蔵野市ゆかりの音楽家」 武蔵野市教育委員会

※ KOKOの会として出版

メディア出演

  • テレビ・・・武蔵野三鷹ケーブルテレビ
  • ラジオ・・・ラジオ日本、むさしのFM
  • 新聞・・・読売新聞、朝日新聞、北海道十勝毎日Asacoco
  • 雑誌・・・武蔵野市季刊誌

などでKOKOの会の取組みが紹介されました。

講演

  • 成蹊大学(武蔵野市)
  • 宮地楽器(小金井市)
  • 大東楽器(大阪府)

各地で講演活動を精力的に行っています。